古本の買取・トップページ > 買取のプロセス
買取のプロセス

古本の買取を依頼した場合には、どのようなプロセスで買取ってもらえるのでしょうか。

古本を直接ショップに持ち込んで買取を依頼する場合には、特に予約をする必要もありませんから、自分の都合のよい時に古本をショップに持ち込んで査定をしてもらい、その場で買取が成立します。一冊や二冊など少ない単位で古本を持ち込むよりも、100冊などの量で持ち込んだ方が、当然ですが買取価格も高くなります。

オンラインで古本の買取を依頼する際には、あらかじめネット上でどういったタイトルがどのぐらいの価格になるのか、査定を受けることができます。査定額を見てから売る売らないと決めてももちろんOKです。オンライン査定の場合には、実際に商品を見てから査定額が変わる場合も多いので、査定額はあらかじめおおよその見積もりと考えておくことが大切です。

オンラインでの差定額に満足したら、指定されている宅急便サービスを利用して、指定された方法で配送する事になります。着払いで古本を配送してくださいと言う業者が多いので、送料がかからない買取業者を選びたいですね。

本を入れる段ボール箱がないと言う場合には、依頼すると段ボール箱も送ってくれる場合もあります。段ボール箱の多くは文庫本にすると100冊入るたっぷりした大きさなので、買取を希望している古本の数が少ない場合には、自分自身で箱を準備した方が良い事もあるようです。

査定額の受取方法は、業者によって異なっていて、銀行振り込みで受け取れる場合もあれば、現金書留が配達される場合もありますし、また、郵便局で換金できる為替が発行される場合もあるようです。

関連エントリー
大学受験後の参考書の行方は→こちらの古本屋さんで買取をしてもらっています。
Copyright © 2010 古本買取お得ドNO1!大阪で人気の古本屋 . All rights reserved